マンション査定に費用はかかるのか

不動産査定に関して

不動産査定に関して査定には専門家が必要不動産査定は書類がいくつか必要

これから初めてマンションを売却しようと考えている場合には、まず第一に査定を受けることになるでしょう。
これを受ける場合には一般的には無料となっていることがほとんどですが、実は費用がかかるものもあります。
不動産会社が行うものは基本的に無料ですが、その一方で有料で行うケースもあります。
日本には不動産の値付けを職業としている人がいて、それが不動産鑑定士と呼ばれる国家資格を持っている人です。
鑑定を行ったり査定を行うことにより収入を得ていますが、この鑑定士に依頼する場合には費用が発生することになります。
有料で行われる場合としては、関係会社の不動産取引行うとき、遺産相続でもめた時、賃料や立ち退き料でもめた時などがあげられます。
まず最初にマンションを関係会社関で取引する場合は、鑑定評価書と呼ばれるものが必要です。
その理由は関係会社による取引で親会社の不動産を安く子会社に売却することは、損失を発生させることで意図的に法人税を安くすることができるからです。
この行為は違法行為であり、関係会社間の取引であったとしても、適正な価格で売買しなければなりません。
このようなときに必要となるものは、第三者の専門家による鑑定評価書と呼ばれるものです。
この評価書があることで適正な価格なのかがわかります。
鑑定書に基づいた価格で取引きをすることで、適正な価格の取引きが行われたとして、税務署も認めてくれることになります。